右足の前のフロントスタンスから曲の開始とともにローブロック、ミドルブロックの繰り返しでスタートです。
ゆっくりブロックを8回繰り返し、ちょっと力を入れて4回繰り返します。

その後すぐに右足前蹴り+左クロス+休憩のコンビネーションに代わり、この動きを8回連続した後、休憩なしの連発になります。

この次の動きは右ダブルジャブ+左バックキックで、これも、先ほどと同じように途中から休憩なしで右ジャブ+左バックキックの連発での動きになります。

続いてゆっくり前に2歩歩いてローブロック+ミドルブロック+ローブロックをし、後ろに下がってバックキック+膝蹴りの動きがあります。
この動きは前回のボディコンバット39-6でも出てきたので、分かりやすいですね。

これが終われば、最後のコンビネーションに移ります。
右フック+左膝蹴りです。
最初は休憩を入れながら行い、次に休憩なしの連続で行い、最後は膝蹴りがフロントキックになります。

同じように左バージョンも行い、フィニッシュは左フロントキックです。

サイト内ボディコンバット曲検索

ボディコンバットナビ新着記事

2024年6月17日BC1

BC1-4 We Will Rock You(Interactive)New!!

2024年6月10日BC66(2015年12月)

BC 66-7 The Black Pearl (Rui Festival Edit) (Scotty)

2024年5月30日BC34(2007年12月~)

BC34-5 Elevator / KopyKatz

2024年5月26日BC78(2018年12月)

BC 78-8 Wings (Nu:Logic Remix) (Birdy)

2024年5月20日日記-ボディコンバット

もし今2010年のボディコンバットベストトラックを作るなら

BCシリーズ別曲カテゴリ(番号はシリーズナンバーです)

 3月6月9月12月
2024年BC98
2023年BC94BC95BC96BC97
2022BC90BC91BC92BC93
2021年BC86BC87BC88BC89
2020年BC83BC84BC UNITEDBC85
2019年BC79BC80BC81BC82
2018年BC75BC76BC77BC78
2017年BC71BC72BC73BC74
2016年BC67BC68BC69BC70
2015年BC63BC64BC65BC66
2014年BC59BC60BC61BC62
2013年BC55BC56BC57BC58
2012年BC51BC52BC53BC54
2011年BC47BC48BC49BC50
2010年BC43BC44BC45BC46
2009年BC39BC40BC41BC42
2008年BC35BC36BC37BC38
2007年BC31BC32BC33BC34
2006年BC27BC28BC29BC30
2005年BC23BC24BC25BC26
2004年BC19BC20BC21BC22
2003年BC15BC16BC17BC18
2002年BC11BC12BC13BC14
2001年BC7BC8BC9BC10
2000年-BC1BC5BC6

各ページに掲載しているYou Tubeの曲はコンバットの曲と異なるバージョンや違う曲である場合も多いのでご注意ください。

BC40-6  Burn It To The Ground - Nickelback” に対して2件のコメントがあります。

  1. 鈴鹿大好き より:

    6曲目のロ-ブロック、とかの出てきたり、
    この動作も気合が入ったりの動作で、曲自身も、気にいったりの曲です
    これ、新曲出たりのたびに、わかりやすい動作
    が書いてあって、自分では、気にてつたりの曲でも、調べにくく、これで、曲が聞く事出来てたりだから、このサイトいいですね

  2. atsushi@1鈴鹿大好きさんへ より:

    6曲目は短いコンビネーションが何パターンもあるので、こういったタイプの曲も面白いですよね。
    ブログのことお褒め頂きありがとうございます。できる限り正しい情報を書いていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

このボディコンバット曲に関しての情報やコメントはこちらにお願いいたします

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です