曲 ★★★  コリオ ★★★  総合 ★★★

「ARMADA / GUNG-HO」は9曲目です。ムエタイ曲のボディコンバットシリーズ4曲目です。この曲はなんといっても、フィニッシュを決めることで満足できる曲です。

最後のほうで左膝蹴りを4回繰り返し、その後、左のディセンディングエルボーをして、いったん左足前のコンバットスタンスで構えて(一呼吸置いて)、左の跳び膝蹴りです。ムエタイ曲はBC14以降ずっと継続して続いています。それだけ人気があるということの証明となっています。全般的に激しく動けることを特徴としております。

また、曲も独特のほかの曲とは違った雰囲気が感じられます。膝蹴りや、アセンディングエルボー(アッパーをその軌道のまま、肩のほうにまで打つようなイメージ)、ディセンディングエルボー(フックを肘から振りかぶり、上から斜め下へ叩きつけるようなイメージ)が多いのも特徴です。

パンチとキックで構成されたコンバット曲(パンチのみの曲はパワー曲と言っています)なので、7曲目ということもあり、相当体には負担がかかります。7曲目にもかかわらず、跳び膝蹴りをすごく高い位置でされている方もおり、その体力にびっくりさせられたりもします。キツイので、自分のペースで抜くところは抜きながらがんばりましょう。