曲 ★★★★  コリオ ★★★★★  総合 ★★★★★


「We’re Not Gonna Take It」はディスク1の16曲目です。

最初の正拳突きは恥ずかしがらずに腰を落として思いっきり突きましょう。
その後、右コンバットスタンス(右足が前で、左足が斜め45°後ろ、体は正面向き)を取り、メインコリオが始まります。

アッパー右左右のダブルブロック(左手を右頬横、手のひらは外向き、右手は太腿の後ろ手のひら外向き)で、廻し蹴り。スローテンポなので、思い切り蹴って下さい。高く蹴ることよりも、軸足のかかとが前向きになっていることのほうに注意を向けてください。
十字ブロックを1秒ためてからの突きもインパクトがあります。

フック右左x2+前蹴り・バックステップ・前蹴りのところも忘れやすいので、遅れずにできるよう、前のコリオのときに頭に入れておきましょう。曲(We’re Not Gonna Take It:Bif Naked)自体ノリが良いし、コリオもいろいろな動きがあって非常に楽しめます。
何回もやっていますが、この曲がかかると、今日はラッキーって思っちゃいます。

ダブルブロックはこのコリオを最後にすっかり姿を消してしまいましたよね。ボディコンバットのクラスはかなり出ていて、たいていの曲は体験しましたが、この曲はベスト10に入るのではないでしょうか?完成度の非常に高い曲だと思います。