曲 ★★★  コリオ ★★★  総合 ★★★

「Rock the Dancefloor 9」のディスク2の10曲目です。→

始まりの音楽が、すごく厳(おごそ)かなイメージを醸し出しています。

一礼をした後、右足をゆっくり前に出し、コンバットスタンスに構えます。

最初は前に4歩前進してジャブ2発、後ろに4歩下がってクロス2発です。

その後ゆっくり右左アッパーを交互に16発打ち、その後、いったん止まって、ウィービングの動きをゆっくり行います。

この動きは、BC21-1の「Feeling Fine」にも出てきていますね。途中からウィービングをしながらフックも入ります。

ウィービングとは、ボクシングでいう、頭や上体を前後左右に動かし、相手の攻撃をはずす動作のことで、ボディコンバットでは右回りもしくは左回りでおなかに力を入れながら膝を曲げすぎないようにして、上半身だけで上から下に円を描くように回します。

顔面に来る相手のパンチを避けるイメージでいいと思います。

なので、目線は前にいる敵をしっかり見ています。


特徴的な動きはカタの動きです。

下段の払い、中段の払いを右左交互に1往復ゆっくり行い、その後、同じ動きをスピードアップさせます。

それから、右下段・中段、左下段中段、右上段、左上段二回ずつの順で長いカタの動きを行います。

左バージョンも終われば、ゆっくり右・左交互にそれぞれの向きでアキレス腱を伸ばし、次の下半身のウォーミングアップへと続きます。