曲 ★★★★  コリオ ★★★  総合 ★★★★

雨がしとしと降る音で始まり、最初にチイボール?(多分)というカタが入ってきます。

形は、右手の平を上にして腰の辺りに置き、左手は手のひらを下にして胸の前辺りに構えます。

その間にボールを挟みこむイメージです。

そのままゆっくりひざを屈めて、体を沈めていきます。

沈めた姿勢から、曲中の雷鳴とともに、右へ向かって、右手を上、左手を下に入れ替えて、ゆっくり押し出していきます。

このとき右足はかかとをつけたまま、つま先は地面から持ち上がっています。

この落雷の音が、レッスンの始まりを告げる音に聞こえます。

また、この曲は軽い感じがしますが、レッスン時の曲はもっと重い感じがします。

この型を右左行った後、右ジャブx3+ステップバックで実際の動きが始まります。

続いて、アッパー、フックがあり、右左X2チョップで、左からのウィービングです。

このウィービングがちょっとゆっくり目ですね。

次のチョップをしようとするのをワンテンポ遅らせるくらいがちょうどいいです。

あとは、右移動で、ジャブクロスをゆっくり行う動きがあります。

ゆっくりとした動きなので、いいウォーミングアップです。

ちょっと暗い雰囲気のする曲ですが、力強い曲なので、前述しましたが、BC28全体を象徴するかのような「重い」感じの曲であると感じています。

 

重いというのは伝え方が難しいのですが、文字通りこのシリーズが、全般的にいつもより多めに重力がかかっているようなイメージをなんとなく持っています。