曲 ★★★  コリオ ★★★  総合 ★★★

最初に型があり、その型の後すぐにシザーズが入ります。

ここは印象に残りやすいようで、ほとんどの方がタイミングを間違えずにシザーズをスタートされています。

どちらかと言うと、そのシザーズの後のディセンディングエルボーのタイミングが若干難しいようです。

ディセンディングエルボー+前にエルボー+回し蹴りが前半のメインコリオです。

ほとんどの曲は右バージョン、左バージョンの2つに分かれているのですが、この曲は4つに分かれていて、右・左・右・左と交互に動きます。

後半は、ボディx4で、ボクシングガードと、あんまり面白くない動きあります。

ボクシングガードの時、時間を持て余します。

何度か打った後、1曲目に引き続き横移動のコリオがあります。

まずは、右へ移動して、ボディを4発、左へ移動して左・右と膝蹴りを行います。

1曲目の流れでついうっかりシザーズをしてしまいそうになりますので、ご注意下さい。

横移動したらボディです。

このボディの動きを右左と行う間に、型が入ります。

ボディコンバット27-1のような払いを右左と行った後、今度は右左と正拳突きです。

この型の後、左バージョンのボディ+膝蹴りのコリオをこなして、フィニッシュは右手を突き上げる動きです。

ボディの動きがどうも難しく、手が鉄棒の逆手の向きになるので、力が入りにくいですね。

あの位置で正拳突きをスピードを上げて行うのも面白いんじゃないかと考えてしまいました。