最近のムエタイ曲の中では結構好評かなナンバーです。
新しい「クリンチ」という動きが入ってきた曲でもあります。

「Foo Fighters – The Pretender」は4曲目に収録されています。→

クリンチとは、「ボクシングで、相手のからだに組みついて相手の攻撃を防ぐこと。(Yahoo!辞書参照)」のことで、この曲では、相手の頭を持って、相手を自分のコントロール下に置き、自分の思いのまま攻撃することになっているようです。

コリオは、右足前のコンバットスタンスからゆっくりディセンディングエルボーを行うところから始めます。

最初はゆっくりですが、ゆっくり1発ずつ、ちょっと早く2発、早く4発とだんだんスピードアップさせ、後ろ側の足のニーキックが4回動きに加わります。
ここまで行ってから、クリンチの動きに入ります。

フロントスタンスで、まず左へクリンチをし、続けざまに右ニーを4発+右ドロッピングエルボーを3発行います。

続けて相手の頭を持つような感じで今度は右方向を向いて、左ニーと左ドロッピングエルボーを行います。

フィニッシュは、右方向へクリンチをした後、左ニー4発に左ドロッピングエルボー2発+ダブルドロッピングエルボーです。

結構激しい曲ですが、相手を両手でつかむ動きというのがボディコンバット13-5(Funky Town)であったことくらいしか思いつきません。
片手で相手の頭をつかむ動きは結構出てきますよね。