フロントスタンスから右左交互にステップをしてから、右足前のコンバットスタンスになり、パンチングボールで始まります。
パンチングボールは、ボディコンバット36-8であったように、徐々に力強く行い、最後の段階では腹筋に力を入れ、上半身をパンチングに合わせて折り曲げるような感じで行います。

右足前のコンバットスタンスからダブルジャブ+フットワークで始まり、続いて右ジャブ+左クロス+右ジャブの動きを4回行ってから、これに左ダブルアッパーが加わります。
さらにこのダブルアッパーの後にシザースが入って完成形です。が、4回だけです。

後の動きとしては、フロントスタンスから右左ジャブ連打という、8曲目のパワー曲ではお決まりのコリオが入っています。ボディコンバット40の8曲目でもひたすら出てきました。

上記までを右バージョンと左バージョンで行った後、最後はフロントスタンスで、右フック4連打+足ジャック+左フック4連打の繰り返しをおこないます。

途中から、間のクロスジャックが無くなり、右フック4連打+左フック4連打+右左ジャブ4発のコリオで最後まで行きます。コンビネーションが目まぐるしく変わりますが、何度かレッスンに出て覚えていくしかありません。
フィニッシュはいつものように右手を天井へ突き上げます。