ボディコンバット曲の記事は→こちら

最近毎朝文章を書くようにしています。

フィットネスというブログの趣旨にはそぐわない文章なのですが、仕事の合間の気分転換と、文章の練習用と割り切っています。
ずっと、文章なんて、ただ自分の考えていることを書けばいいとだけ思っていました。

 しかし、ネットで仕事をするようになってから、最近ようやく文章力の重要性に気付き、無作為に関連書籍を読んでいます。
このブログも運営3年目に入り、どれだけの文章を書いたか分かりませんが、その中で学んだことを書いておこうと思います。 文章を書くときのポイントは一つだけなんです。

「読み手に伝えるために言いたいことをひとつだけ書く」

というまったくシンプルなものです。
ポイントは一つといっても、細かく紐解いていくと、いくつもあるかも知れません(笑)。

・ひとつの文章はなるべく短めに。
・具体例を織り交ぜる。
・相手の立場に立って。
・難しい語句は易しい言葉に置き換える。
など。。。

自分が伝えたつもりというのが一番いけないことです。

相手に伝わっているか、それが重要です。
 仮に伝わっていなくても、最大限伝わるように努力することが必要です。
言いたいことがたくさんあっても、ひとつだけしか書いてはいけないというのは以下の理由です。

・2つも3つも書いてしまうと、結局何が言いたいのか分からなくなってしまう。
・1つだけだと、読み手の記憶に残りやすい。
・書き手の自己満足の文章になってしまうことを避けるため。

1つのことを言いたいがために、それは形を変えて繰り返し使うよう意識しています。

その1つのことというのはテーマ、つまりタイトルです。
タイトルがテーマとなって、読み手に理解してもらえるように、理論的に書いたり、具体的に書いたり、視点を逆にしてみたり、対比させてみたりします。 学生時代の国語の教科書や、出版されているいろいろな本を読まれてみても、ほとんどがそういう構成になっていると思います。

手を変え品を変え、あらゆる手段で読み手に分かってもらおうと努力するのです。
記憶に残して欲しいためです。
この文章も、結局は、「文章を書くときのポイントは、読み手に伝えるために言いたいことをひとつだけ書く」が言いたいだけです。

その言いたいこと(テーマ)が木の幹で、そこにたくさんの付属的な枝葉が付いているだけです。

文章を読みながらその枝葉を取り払える力、幹だけを丸裸にできる力、それが本質を見抜く力と言えるのではないでしょうか?

文章を書いたり読んだりするのが苦手と思っておられる方は、参考にできるところは参考にして頂けると嬉しいです。

ボディコンバットナビの順位を確認→こちら

[amazonjs asin="B014XPU9PS" locale="JP" title="VENUM ファイトショーツ Hurricane(ハリケーン) (アマゾニアグリーン) (XS)"] [amazonjs asin="B00SV4IO14" locale="JP" title="(アディダス)ADIDAS ESTROトレーニングジャージ半袖 MGK48 S16150 ダークブルー/ホワイト J/M"] [amazonjs asin="B00I8RFNB8" locale="JP" title="アヴィア AVIA AVIAフィットネスシューズ A6676WWSL WSL (WSL/23)"] [amazonjs asin="B007SSWRGM" locale="JP" title="(ジーフィット)G-FIT カーゴカプリ MSN014PP MPI マゼンタピンク S"]