ショートクラスで、ボディコンバット32の2曲目、7曲目、8曲目を受けました。
そこで気付いたことは。。

「今回のシリーズは全般的にタイミングが取りづらい」

というものです。

例えば、2曲目。
サイドに回し蹴りを行った後、ワンテンポ置いて、エルボーを行って、コンバットの構えを行うシーン。

一回目はエルボーが無いので、後ろに下がって構えるだけですが、後半はエルボーが入ってきます。

何となくタイミングが取りずらく、エルボーのタイミングが早くなってしまったりしませんか?

そして極めつけが7曲目。

今回もやっぱりタイミングが合いませんでした。

ジャブ+クロス+アセンディングエルボー+膝+膝のところです。
どんどんスピードアップしてきて、残り2回くらいのところでどうしても合わなくなります。
そして、合わないままトップスピードで同じ動きを繰り返す場面に突入し、そのままジャンプニー連打になります。

音楽はよくよく聞いてみると、蛙がぴょんぴょん飛び跳ねている効果音みたいで、味があります(笑)。

今回のコリオで僕が持ったイメージは、

「タイミングが取りにくい」「繰り返しが多い」「基本の動きが多い」「印象に残らない曲が多い」
「短い曲が多い」「筋コンがきつい」「ジンガが難しい」

こんな感じでしょうか?

マイナス系の単語が多いですが、特に気に入らないというシリーズではないです。

多分、「今回は面白くないな~」というのがある程度ボディコンバットをやって来られた方のご意見だと思うのです。

しかし、一見すぐに飽きそうですが、何度もやっていれば飽きずに続けることが出来るような構成でもあるなぁと思っています。

きっとやっていればそれなりに面白いと言えるシリーズになるのではないかと1ヵ月後を予想しています。