前回BC36-3をご紹介し、今回はその次の曲36-4「Zombie」のご紹介です。
記事はホームのBC友達である「KENT」さんからご提供頂きました。

当時の新曲発表時期に書かれていたもので、5ヶ月ほど前の記事になります。
語尾や表現は管理人のほうでブログ用に修正させて頂いております。

後述している読者の「ryu」様からも時を同じくして「Zombie」に関する内容をご投稿頂いていまして、また他の読者様からの管理人宛のメールもあり、ボディコンバット36新曲時に「Zombie」の反響が少なからずあったことを僕自身も感じています。

___________________________________
ここから

BC36の中でも比較的人気の高い「Zombie」。
ゾンビっぽい動きの「クロウ」をふんだんに取り入れ、曲調と相まってホラーっぽいというか、若干コミカルな感じさえするように思うのは、クロウをカッコよく決めるのは結構難しいからでしょうか?

「In your head」というフレーズが何度も繰り返されるのが、導入時から何となく頭にひっかかり、その歌詞を調べてみました。下記URLより、歌詞と訳を引用させて頂いております。
http://homepage3.nifty.com/fwka2062/lyrics_zombie.htm

Another head hangs lowly,
Child is slowly taken.
And the violence caused such silence,
Who are we mistaken?

But you see, it’s not me, it’s not my family.
In your head, in your head they are fighting,
With their tanks and their bombs,
And their bombs and their guns.
In your head, in your head, they are crying…

In your head, in your head,
Zombie, zombie, zombie,
What’s in your head,
In your head,
Zombie, zombie, zombie?


Another mother’s breakin’,
Heart is taking over.
When the violence causes silence,
We must be mistaken.

It’s the same old theme since nineteen-sixteen.
In your head, in your head they’re still fighting,
With their tanks and their bombs,
And their bombs and their guns.
In your head, in your head, they are dying…

In your head, in your head,
Zombie, zombie, zombie,
What’s in your head,
In your head,
Zombie, zombie, zombie?

英語の歌詞を読むとこの曲から受けていた印象とは随分違うっぽい内容になっています。
というわけで興味をそそられ、さらに色々調べ、日本語訳が載っているサイトを見つけました。

一人の頭がみすぼらしく吊るされて
子供がゆっくりと取り上げられた
そんな静寂の中で起きた暴力
間違ったのは誰?

あなたが見ているのは・・私じゃない
私の家族じゃない
あなたの頭の中で・・頭の中で・・葛藤している
戦車と・・爆弾と・・
爆弾と・・銃と・・
あなたの頭で
あなたの頭でそれらが泣き叫ぶ

お前の頭は・・・お前の頭は・・
ゾンビ
お前の頭は・・・お前の頭は・・
ゾンビ

一人、母親が崩れ落ち
魂は乗っ取られた
静寂の中で起きた暴力
私たちは絶対に間違っている

1916年からずっと同じような古い出来事
あなたの頭の中で
あなたの頭の中で・・ずっと葛藤している
戦車とともに
頭の中で・・彼らは死んでいる

お前の頭は・・・お前の頭は・・・
ゾンビ
お前の頭は・・・お前の頭は・・・
ゾンビ

BCではアーティストはAndrew Spencer & The Vamprockerzとなっていますが、これはカバーらしく、オリジナルはThe Cranberriesというアイルランド出身のバンドのようです。

アイルランドと言えば、IRA(アイルランド共和国軍)とイギリスの間の武力衝突、いわゆる「北アイルランド問題」が今なお完全な解決には至っていない地域です。
1994年に発表されたこの曲は、実際に起こった爆弾テロをモチーフに、戦争に対する悲しみや憤りを表現したものだそうです。
さらにBC36のクールダウントラックのタイトルは「World In Union 95」。

…なんか、考えさせられませんか?
BC36には、実はこんなテーマが隠されていたのかなぁ。

まあ別にスタジオで身体動かしながら、「世界平和」だの「反戦」だのに想いを馳せる必要はないとは思いますが、こういうレスミルズの楽しみ方もあるのかなー、なんて思いました。

ここまで
___________________________________

当ブログでも読者の「ryu」さんが、以前コメントを下さっています。

___________________________________

Posted by ryu    2008年07月31日 19:39
「Zombieの歌詞」
気になったので調べてみたところ、以下のHPを見つけました。
想像以上に重くて吃驚してしまいました。
「反戦」がテーマだったのですね。

http://homepage3.nifty.com/fwka2062/lyrics_zombie.htm
___________________________________

オリジナル曲を歌っているのは、「the Cranberries (クランベリーズ)」というグループです。

女性ボーカル・ドロレスのエキセントリックで変幻自在のボーカルが魅力のバンドで、彼女の時に痛々しく、時に攻撃的になるボーカルスタイルは独特で時折、鼻に抜けるファルセットが印象的です。

「Zombie」はもともとアイルランドで起きた爆弾テロを非難した反戦ソングであり、「the Cranberries 」の代表作でもあります。
ボディコンバット版では、「Andrew Spencer」が歌っています。

忘れている方のために「Zombie」の主なコリオを2パターン書いておきます。

最初の箇所
右フック+左フック+右サイドキック

メインコリオ
右クロウ+左クロウ+バックニー2発+ジャンプキック