曲 ★★★★  コリオ ★★★  総合 ★★★

膝蹴りを左右交互に蹴るところから、1曲目後半となります。その後、左右交互にフロントキックがあり、廻し蹴り、サイドキックへと続きます。

廻し蹴りのセット回数が8回と、今までの4回の倍になっていることが印象的です。

 

 

 

この曲、バックする時、ジグザグに下がりますよね。そこも、ダンスっぽくて良いです。

 

1曲目は2曲ワンセットなのですが、9分以上もあり、歴代のボディコンバットの中でもかなり長い構成となっています。

今までで長いなと感じたのは14-1Wild Boys (Wilder Than Wild Boys)でした。

フィニッシュが個人的には物足りないと感じる、一礼です。前回25-1のフィニッシュがインパクトあっただけに、寂しい気がします。

しかしこれもまた、時間が経てば、逆に印象に残るフィニッシュになったりするのかも知れませんよね。