ノリのいい5曲目のパワー曲です。
同じセットを4回繰り返します。

(Hairspray – You Can’t Stop The Beat)ディスク1の6曲目に収録されています。→

基本セットは下記の2つです。

「ダブルジャブ繰り返し+フック+アッパー連打」
「ステップジャブ+ボディ」

3セット終わったあと、少しバリエーションを変えスピードボールの動きが入ります。
4セット終わればランを行いながら中央に集まり、右手を突き上げてフィニッシュです。

ボディコンバット10~19台によくあった典型的なパターンのセットですね。
右左2セットずつ行うのは、ラストのパワー曲(8曲目のことです)でよく見られました。
この35に関しては、すべて右からなので、4セット全く同じです。

3セットもので有名なのは、7-6「Fire」、12-8「Rock da Bass」、16-8「Redliner」などです。
1セットだけしっかりと覚えると後は繰り返しで単純なので、非常にやりやすいコリオです。

BC35-5 You Can’t Stop The Beat (“Hairspray”)と同じ4セットものの代表例は、BC10-8「If Ya Getting Down」などになるのでしょうか?
ただ、これは右2左2の合計4セットです。

そう考えるとオーバー30のコンバットとしては珍しいコリオ構成になっているといえるかも知れません。