返報性っていう言葉をご存知ですか?

ヤフー辞書では、「返報」でしか掲載されていませんでしたが、これからの社会において考え方として必要だと常々思っています。
情報を与えることの重要性というタイトルにしましたが、これを少し僕がやっているネットでの仕事で考えてみます。

ビジネスにおいて非常に大事なことは、「いかに集客するか」です。

ビジネスのターゲットとする層を、適切に集客が出来れば、ほとんど成功したも同然と言えるでしょう。
世の中に氾濫している広告がそれを物語っています。
売るという目標に向かって、見込み客を集めるというプロセスをひたすら進みます。

ネットビジネスをしている人はとりあえず現状では検索されうるキーワードで、検索結果で上位に表示されることを目指します。
そうすることで、ターゲットとする層を、適切に集客出来るからです。

これは、実商売でも同じだと思います。

ここからが本題なのですが、有益な情報を他の人に与えることは非常に重要です。

情報の共有といったほうが良いかも知れません。
人に有益な情報を与えれば与えるほど、自分の利益となって返ってきます。
この情報はお得だから自分だけの秘密にしておこうという気持ちは目先より手前しか見えていないことと思っています。
誰でもみんな自分だけの情報を持っています。

他人と共有できるだけの有益な情報を持っています。

自分が1つ非常に有益な情報を持っているとすると、他の人も同じように非常に有益な情報を1つ持っています。

持っていなさそうに見える人も絶対に持っています。
自分の持っている有益な1つの情報をお友達10人に教えてあげます。
10人のうち、最低でも3人、多分5人くらいはそれぞれの持っている有益な情報を1つ教えてくれます。

いや、教えてくれたのだから、こっちもお返ししなきゃって思うのです。

これが、人が本来持っている「返報性」の性質です。

そうなると、自分ひとりだけの秘密にしようと思っていた情報は、独り占めしていると、お得なように見えて、1のままです。成長は望めません。

しかし、みんなに教えてあげた人は、それが、3とか、5とか、最大で10にもなりますよね。
大きく成長します。

一見、与えることについて、自分が損をしているように見えますが、「良い人だー」と思われますし、感謝されますし、なにより、自分にとってメリットがあります。

情報共有の重要性はここにあります。
↑ 「損して得取れ」ではなく、人に感謝されつつ、自分もおいしい情報が手に入るという、この例では1石3~5鳥ですね。

自分だけの秘密にしていれば1のまま、人に与えまくれば、何百倍にもなる可能性があります。

ここまで読んで下さった方は、是非、そういう考えを持って実践して頂ければと思います。
きっと人生が変わります。

[amazonjs asin="B014XPU9PS" locale="JP" title="VENUM ファイトショーツ Hurricane(ハリケーン) (アマゾニアグリーン) (XS)"] [amazonjs asin="B00SV4IO14" locale="JP" title="(アディダス)ADIDAS ESTROトレーニングジャージ半袖 MGK48 S16150 ダークブルー/ホワイト J/M"] [amazonjs asin="B00I8RFNB8" locale="JP" title="アヴィア AVIA AVIAフィットネスシューズ A6676WWSL WSL (WSL/23)"] [amazonjs asin="B007SSWRGM" locale="JP" title="(ジーフィット)G-FIT カーゴカプリ MSN014PP MPI マゼンタピンク S"]