腰を落としたフロントスタンスで構えて、ダブルボディフック右左からのスタートです。ボディフックは25-7Electro Violenceと、26-6Fighterにも出てきている動きです。
ダブルフック連の後、通常のダブルフックを右左行い、その後すぐに、「右ボディフック+右通常のフック+左ボディフック+左通常のフック」・・・・①を続けて行きます。

何度かボディブックと通常フックを繰り返し、①の動きに、右左ジャブを4回つなげます。つなげた後4回このコリオを行い、ゆっくりと右左交互のアッパーの動きに入ります。
アッパー交互の後は、ジャック(足を交差させる動き)を入れ、最終型の動きのパートごとの練習はここまでとなります。

最終型のコリオは、「右ボディフック+右通常のフック+左ボディフック+左通常のフック+ジャブ右左4回+右左アッパー+足ジャック」です。
この長い完成形の動きはどこかでやったことがあると思い返してみると、BC39-3  Come With Me (Unique Mix)   Styles & Breeze
に出てきています。こちらは、「右左のダブルアッパー交互→ジャブ右左を8回→ダブルジャブを2回→シザース」です。
タイミング的には似ています。

さて本題に戻り、完成形の動きの後、一度、右左ジャブの連打が入ります。108回とか、116回とか確か100回以上パンチをする場面です。

その後、先程の最終型のコリオを4回行って終了です。
フィニッシュは右手を天井へ突き上げます。