ボディコンバット29受けました。

もう何回受けたかな?

マスタークラスが2回と、30、45がそれぞれ1回ずつ。< ?xml:namespace prefix = o ns = “urn:schemas-microsoft-com:office:office” />

徐々にイメージが掴めてきました。

新シリーズは受けてすぐの感想を書くのが自分の恒例行事のようになってきましたが、後々どんな風に思っていたんだろうと振り返るときにきっと懐かしく思えるだろうなと思い、書いています。

まず、全体を通してですが、足に負担が結構かかっているような気がしてます。

1曲目の最初、横移動から始まるのはいいですね。

移動した後は、単純なシザーズの動きで、ここが少し個人的には物足りないと思っています。

シザーズは、要は走る動きなので、あんまり格闘技っぽくないんですよね。

でも次の新しい動き、後ろをいったん振り返って前にダブルチョップする動きは斬新でいい感じです。

右手と左手の向きがどういう形になればいいのかが難しいです。

じっくりイントラさんのまねをしなきゃ。この動き、後のほうでも、コリオとして出てきます。

1曲目の後半は、曲を聴いてすぐ、ボディコンバット19の8曲目、Monstersoundを髣髴させるメロディです。

初めて聞いたときにはっとボディコンバット19のことを思い出しました。

ムエタイガードを維持しながら膝蹴りや前蹴りを行うんですよね。ボディが空くのですが、手を上げ続けることによって腕がだるくなり、ちょっとは鍛えられるのかなという感じがします。

ムエタイガードとは両手で頭を守る構えですね。

蹴りのとき、普通は空手ガード(お腹の前辺りに両手こぶしを持ってくる構え)なので、若干バランスが崩れます。

2曲目は、確か、ディセンディングエルボー+同じ腕で前にエルボー、そして回し蹴りのコリオでした。

2曲目にディセンディングエルボーが出てくるのは初めてです。

動きはかろうじて覚えていますが、曲が全く思い浮かびません。

あと、横移動がこの曲でも入ってきていましたね。

3曲目はいつものように女性ボーカルの軽快なメロディです。

基本となる動きは、ジャブX4回にフック左右です。

ボディコンバット23-3のInjected With A Poisonのような体側をひねる動きが入ります。

横移動+シザーズと横移動+体側をひねる動き(ツイスト)も後半に出てきます。

4曲目はかなり音が取りにくい曲でした。

ジャンプキックをして、同じ足で前蹴りをして、同じ側の手でジャブというコリオと、前に4歩前進して、回し蹴りをして、ジャブというコリオがメインでした。

これも蹴る足は違うのですが、ジャンプキックの後にすぐ蹴りを入れるということで、ボディコンバット19-4のWhere Are Youに若干似ています。

今回のものは、蹴りがワンテンポ遅いです。

後の動きは忘れました。

何がありましたっけ??

また何度かするうちに覚えるでしょう(笑)。

5曲目はジャブで前進し、一回ボディを打ってジャンプするという、やり慣れていない動きです。

途中で型が入るのがこの曲だったかな??

3回ほどある、鐘の音に合わせて、鐘を叩くような動作をします。

6曲目は曲が一番好きです。

ここも、新しい動きのダブルサイドキックがあります。

これが楽しいですね。

こんなにコンバットをやっているのにこの動きがぜんぜん決まりません。

というか、きれいに出来ません。難しいです。

ボディコンバット29の新曲時期中にはうまくダブルサイドキックが出来るようにしておきたいです。

その前にある、後ろを振り返ってから前にダブルチョップをし、すぐダブルパンチをして、バックキックというコリオが何度やっても難しくて好きです。

簡単に出来るコリオで構成されているより、なかなか難しくて、ややこしい動きがあるほうが、好きになる確率は高いです。

7曲目のムエタイは、最初右膝4発からスタートします。

膝蹴りが多いのですが、曲はムエタイっぽくない感じです。

僕のムエタイ曲のイメージはどうしてもボディコンバット14のOur Reservationのイメージなんです。

ジャブ・クロス・アセンディングエルボーの後のサイドエルボーが非常にやりにくいです。

動きとしてスムーズに行きません。

右でアセンディングエルボーをして、すぐに左のサイドエルボーは、重心が左に置かれているため、バランスを必ず崩してしまいます。

この対処法を何度かやるうちに修正していきたいです。

8曲目は、曲の始まりは明るくいい感じなのですが、ボディとパンチングボールがコリオの大部分を占めるので、最後のパワー曲(キックがない曲)にしては、動き的に物足りないです。

おそらく新曲のシーズンが過ぎればお蔵入りになってしまいそうな予感がします。

ボディ+パンチングボールという組み合わせ自体はおそらく初めてじゃないでしょうか?

ボディコンバット17-8のLudwigIsAliveの逆のような感じですね。

あの時はパンチングボールの後すぐにアッパーでした。

 

全体的に横移動、ダブルのパンチ、シザーズ、ダブルチョップ(←正式名称はなんでしょうか?)が多いのでしょうか?

 

これで新曲体験も16回目となりました。

何で覚えているかといえば、やはり1曲目でそのシリーズのことを覚えています。

何事も最初が肝心、初対面も第一印象が大事というのと同じなのでしょう。

また日を改めて続きを書きます。